ネイティブから本格指導を受けられる

先生

英語は世界共通語と言われており、話すことができれば世界中の多くの人とコミュニケーションをとれます。それゆえ日本でも英語授業が導入されていますが、ほとんど話せるようにならない人が多いはずです。言語というのは聞いて話すことを反復するのが正しい学習法であり、読み書きを繰り返しても会話力は上がりません。日本の学校では読み書きがメインのため、ペーパーテストの点数をとるためには適していますが、ネイティブの会話についていく能力は磨かれないのです。渋谷の英語学校が注目されるのは、ネイティブ講師の授業を受けられるためです。正しい発音を身につけることができますし、会話する時間が豊富に用意されているので、実践的な会話力が身につきます。

会話量をいかに増やすか意識する

授業を受ける人

はじめて渋谷の英語学校に行くという初心者の方は、とにかくたくさん話すことを意識してみてください。会話量と上達は比例するため、恥ずかしがらずに積極的に話すことが大切で、会話を長続きさせるには質問を活用するのが得策です。会話のキャッチボールができるようになれば、必然的に会話量が増えるので、限られた時間でより多くの会話が成立します。初心者が注意したいのは途中で黙ってしまうことで、その時間はムダになってしまうのです。日本式の英語授業に慣れていると、頭で会話の内容を組み立てる癖がついてしまい、それがスムーズな会話を阻害してしまいます。特に注意したいのは講師が発した英語を、日本語に訳してから英語に変換する方法です。

レッスンの形態にこだわろう

書籍

グループレッスンよりもプライベートレッスンのほうが英語力を高めるうえでは一般的に適しています。マンツーマンで会話ができれば、グループの場合と比べて必然的に会話量は増えるはずです。講師側もひとりの生徒のことだけを考えて授業を組み立ててくれるので、家庭教師感覚でレッスンができます。渋谷の英語学校に通って短期間で上達するには、習うより慣れろを意識するのがポイントですから、受け身のスタイルにならないようにしてください。間違うのが恥ずかしいと考える人がいますが、語学を学ぶうえでは間違うのが当たり前です。どうしてもプライベートレッスンが向かない人は、グループレッスンを活用してください。緊張は大きく和らぐでしょうし、周りに仲間がいるのでよい意味で刺激を受けられます。また時間あたりの料金が安く設定されており、月謝制を導入している渋谷の英語学校も多いです。忙しくてスクール通いが難しい人は、オンライン学習を活用する方法もあります。

広告募集中